外国人技能実習制度監理団体

お客様の声

  • HOME »
  • お客様の声

お客様の声

福岡県 建設業

実習生受入れのきっかけ
こちらの組合を通して実習生を受入れている、企業様からの紹介です。
何度か現場で、他企業の実習生の皆さんに会う機会がありました。働きぶりを見て好感を持っていたので、受け入れに至りました。
実際に働く人材は、自分がベトナムまで面接に行き選びました。人柄や技術力等自分でチェックでき、納得して採用できました。
受入れで困ったこと
正直一番困ったのは、一部、社内の日本人が受入れに消極的だったことです。
言葉も文化も違う方々と働くとなると、やはり不安にはなりますよね。
社員には根気強く、これから実習生制度が必要な世の中になるということを何度も説明し、理解してもらいました(組合の担当者さんにも、説得に何度も足を運んでもらいました。ありがとうございました)
いざ受け入れると、規律正しく勤務態度も真面目で、意欲的に仕事に取り組む姿に、不安も徐々に薄れていったようです。
今では仕事後に夕食を共にするなど、日本人社員と実習生の良いコミュニケーションが取れていると思います。業務も受け入れ当初より円滑にまわり、よいサイクルが出来つつあると感じています。
受入れの成果
受け入れからやっと1年経とうとした頃ですので、成果というのも早計ですが…確実に現場の戦力になっていると言えます。
指示をする際に日本人同士では曖昧に終わっていたことも、実習生が相手だとそうもいきません。
今までの作業方法など、仕事を見なおす良い機会になっていると感じています。
また、正直はじめは文化・考え方に戸惑うところもありました。しかし、仕事を通じて認め合い、良い関係が築けつつあると感じています。
今後グローバルな会社として、実習生の皆さんと共に、さらなる発展を遂げたいと思います。

山口県 建設業

実習生受入れのきっかけ
求人を出しても思うように人材が集まらず、慢性的な人手不足が悩みでした。
そのような折、こちらの組合よりお声かけいただき技能実習制度を検討するようになりました。
すでに技能実習生を受け入れている同業者を知っていましたし、国際貢献できる点にもひかれていました。しかし、実際当社が受け入れるとなると本当に大丈夫か、正直悩みました。
ですが、こちらの組合の担当者に親身に相談にのっていただき、1つ1つ悩みを解決していただくことができ、受け入れに至りました。
受入れで困ったこと
やはり言葉が一番困りました。日本語を勉強してきているとはいえ、細部まで完璧な意思疎通はやはり難しいです。
はじめは、ジェスチャーや図・翻訳アプリなど工夫しながら、どうにか伝えようと必死でした。そのような中、一生懸命理解しようと、必死に耳を傾けながらメモを取る実習生の姿が、とても嬉しかったのを覚えています。
受入れの成果
先にも述べたように、日本人社員と実習生が一丸となり、良い雰囲気が生まれています。また、手間と経費がかかる割に、日本人の若者を採用してもすぐやめてしまうことが多々ありました。
継続して働いてもらうことは、会社の発展に欠かせません。
実習生は目的を持って日本に来ているので簡単にやめることがなく、わが社としては、国際貢献できる以上に助かっています。
PAGETOP
Copyright © 日本海経済交流事業協同組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress &