外国人技能実習制度監理団体

組合概要

  • HOME »
  • 組合概要

組合概要

代表挨拶

つながりを発展に

外国人技能実習制度の主たる目的は、日本の企業が開発途上国の若い労働者を受け入れて、様々な知識を習得し、帰国後の母国にて経験を活かし、その国の経済発展に寄与する人材を育成することにあります。
当組合は少しでもそのお役に立ちたい、社会貢献の一助になりたいという思いから運営しております。また、組合員様同士のビジネスマッチングや、情報交換会等の開催により当組合員様が「会員で良かった」と思っていただけるような組織作りを目指しております。
組合のシンボルマークにあるように、皆様と肩を組みあい一緒に成長できれば幸いです。

代表理事 川邊 健司

組合概要

組合名 日本海経済交流事業協同組合
所 在 地 福岡市中央区天神5丁目4-15-2F
代表理事 川邊 健司
設 立 平成21年1月
許認可 国土交通省 九州地方整備局 経済産業省
九州経済産業局 農林水産省 九州農政局
職業紹介事業の許可・届出番号 40-特-000082
監理団体許可番号 許1712002001
JITCO賛助会員番号 1007675100
顧問弁護士 オーシャンズ若松法律事務所
顧問社労士 社会保険労務士法人はなだ事務所
顧問税理士 宮﨑真也税理士事務所
事業内容 外国人実習生共同受入に関する事業
国際貢献・国際協力の理念に基づき、技能実習生の受け入れ、技能実習の適正な実施を監理します。また、海外発展途上国の意欲的な若者を受け入れ、組合員の企業にて研修教育を実施。企業の活性化と国際化を推し進めていきます。

建設資材に関する事業
ビル・マンション・住宅等の、様々な建設資材の販売・買取。

会社案内パンフレット

PAGETOP
Copyright © 日本海経済交流事業協同組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress &